New Release

2019年12月 7日 (土)

Review from Poland

Takumi Seino: Piled Distance - Book Apple 2/2019 /

Distance piled; Invisible 2; Adelaide Crescent; Trace - OMA; Violet; Golden Wedding; arabesque; Border - white and blue in July; BA - 26; Smiles June 2016 27 - awaken; Cashmere; 28 - perfect number; 29 - All the things come from; Kindred Spirits; Moon Song - August; The Carrot and the Stick; grapes; Stone Pavement; Cosmo House; Intelsat 45; Path of June; Sky Lantern; Tarascon - Day Dream; Like a New Moon; pomme; fable; Flying Frog; Not Empty Now; Book Apple 30.


Excellent Japanese guitarist and composer Takumi Seino (a graduate of the Berklee College of Music), is an independent musician who followed successively for years following their own path. It operates independently pursuing in various configurations and he takes care of the production of their albums, from mixes, and ending at independently designed album covers.
In 2014, on the occasion of the 25th anniversary of the Big Apple jazz club located in Kobe on Honshu island, which Seino years is related to the artist released the album " Book of Apple " cycle completed 25 thumbnails solo music played on various types of guitars. The album turned out to be so interesting release that after five years of Takumi Seino decided to return to this project, this time adding splendor to the next album celebration of the 30th anniversary of the Big Apple. Analogously album fills the mold, this time consisting of 30 instrumental reasons, forming a coherent whole addictive.
Artist reaching various guitars (acoustic, electric and rarer low-tuned guitar baritone), takes us on a journey painted unreal sound fascinating sounds. Individual songs are mostly not exceeding two minutes, it often only brief impressions. However, they made on the disc as a whole constitute a conceptual terms of dramatic form.
Beautiful motifs played on classical guitar fit the particular nature of the album, are interspersed with improvisations and creative sound experiments ( " BA - 26 "), which constitute not only an excellent cutscenes, but which are in themselves attractive closed tracks.
Seino reaches the songs are also known from his previous albums, revealing their new faces. These include " Arabesque " ( " Flower Flows ", 2013), the title theme from the previous album ( " Path of June ", 2018), which, like the panel in question was dominated by songs revolving around classical guitar music. It seems that this formula most clearly exposes the extraordinary technical capabilities of music, which combines an excellent way Seino with a kind of musical transcendence and spiritualization.
It is in this convention, fully reveals the incredible imagination of a Japanese virtuoso and the gift of creating his playing unreal climate. We see that even in electronics subtly decorated with composition " Stone Pavement ," or beautiful miniatures " Tarascon - Day Dream " and " Fable ."
Featuring stunning guitar technique, despite its extremely wide range of activities including achievements in a variety of compositions and configurations, he developed a unique personal musical language.
" Piled Distance " is the tenth album of Takumi Seino what I had to know. Still, each time when Japan I realize a new album this unique artist, I spend many hours with him marveling at reaching every sound from the speakers. The more albums that Takumi Seino characterized by exceptional care about the technical quality of the sound.
The album was released November 23, 2019.
 
Robert Ratajczak



| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

" Piled Distance - Book Apple 2 - " is released today!!

Vos643coverm_20191122042001

Piled Distance - Book Apple2 -
TAKUMI SEINO solo

品番:VOS 643
価格:2500円(税別)

折り重なる距離と時間は意識を超え、ミクロからマクロへと変容する
神戸ビッグアップル30周年アニバーサリーに向けてのオマージュ作品集第二弾
重ねた時間に想いを馳せて綴る、渾身のショートストーリー30

収録曲

1. Piled Distance 
2. Invisible 2
3. Adelaide Crescent z
4. Trace - OMA
5. Violet
6. Golden Wedding 
7. Arabesque 
8. Border - white and blue in July 
9. BA - 26
10. June Smiles 2016
11. 27 - awaken 
12. Cashmere 
13. 28 - perfect number 
14. 29 - all the things come from 
15. Kindred Spirits 
16. Moon Song - August 
17. The Carrot and the Stick 
18. Grapes
19. Stone Pavement 
20. Cosmo House
21. intelsat 45
22. Path of June
23. Sky Lantern
24. Tarascon - Day Dream
25. Like a New Moon 
26. Pomme
27. Fable
28. Flying Frog 
29. Not Empty Now
30. Book Apple 30

収録時間:55:35
使用楽器:acoustic, electric and baritone guitars

VOS Recordsのすべての作品は、全国のCDショップ、インターネットストア等でご購入いただけます。
流通取扱:BOMBA RECORDS

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

November 2019

Vos643coverm

11月は、僕の活動に欠かせない場所、神戸BIG APPLEの記念すべき30周年月間。
様々な特別ライブが繰り広げられるなか、僕もいくつかのユニット、ソロなどで出演します。
そして、30周年を記念したソロアルバム“ Piled  Distance − Book  Apple 2 - “ を発売します!
5年前、25周年の折に発表した” Book  Apple “ の続編とも言える作品で、全30曲を収録しています。
自ら渾身のと言うのは少し気恥ずかしくもありますが、想いは目一杯詰め込んだ一枚。
たくさんの人たちに届けばいいなと願っています。
全国発売の時期など詳細はまた後日お知らせします。
よろしくお願いします!

November 2019

11/1(FRI) 大阪本町 燈門 06-4708-8844
シオン (vocal)
清野拓巳 (guitar)

11/4(MON) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
神戸BIG APPLE 30周年 Anniversary!!!
PAUSA
山田良夫 (bass)
清野拓巳 (guitar)

11/5(TUE) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
神戸BIG APPLE 30周年 Anniversary!!!
KHAMSHIN
古谷光広 (saxophones)
清野拓巳 (guitar)
柳原由佳 (piano)
白石宣政 (bass)
松田"GORI"広士 (drums)

11/8(FRI) 大阪 CrossRoad  06-6736-8870
清野拓巳 (guitar)
斎藤敬司郎 (contrabass)

11/10(SUN) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
神戸BIG APPLE 30周年 Anniversary!!!
CD " Piled Distancde - Book Apple 2 - " 発売記念

Untied Strings
清野拓巳
(acoustic & electric guitars) SOLO

11/15(FRI) 吹田 LIVE BAR TAKE FIVE Osaka 06-6319-0625
Soulbleed featuring
Ko Shimizu & Rikiya Higashihara from NANIWA EXPRESS
行本清喜 (trumpet, quena)
清水興 (electric bass)
東原力哉 (drums)
白山貴史 (guitar)
清野拓巳 (guitar)

11/16(SAT) 草津 COLTRANE 077-569-5854
たなかかつこ (piano)
清野拓巳 (guitar)

11/17(SUN) 奈良 VANDA MELILIE 0742-35-2818
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)

11/19(TUE) 大阪本町 燈門 06-4708-8844
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)

11/20(WED) 草津 COLTRANE 077-569-5854
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)

11/21(THU) 京都 cafe NORD 075-744-1271
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)
斎藤敬司郎 (contrabass)

11/22(FRI) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
神戸BIG APPLE 30周年 Anniversary + satoko birthday live!!!
satoko (vocal)
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
池田安友子 (percussion)

11/23(SAT) 吉良 Intelsat 0563-35-0972
satoko (vocal)
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
池田安友子 (percussion)

11/24(SUN) 名古屋 Valentinedrive  052-733-3365
satoko (vocal)
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
池田安友子 (percussion)

11/30(SAT) 姫路 LAYLA 0792-24-9469
KHAMSHIN
古谷光広 (saxophones)
清野拓巳 (guitar)
柳原由佳 (piano)
白石宣政 (bass)
松田"GORI"広士 (drums)

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

"Path of June" is released today!

Vos642coverm
 
本日発売日です。ぜひ!
 
Path of June (品番:VOS 642)2,000円(税別)
6月の小道は連なり丘を越えて、訪れることのなかった地平へと続く
 
1, cape
2, heath
3, lighthouse
4, bolide
5, hydrangea
6, ruins
7, brook
8, olive
9, cypress
10, lavender
11, fairy
12, squall
13, cathedral
14, station
15, crescent
16, pier
17, path of June
 
total time 46:06

VOS Recordsのすべての作品は、全国のCDショップ、インターネットストア等でご購入いただけます。
流通取扱:BOMBA RECORDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

Path of June

Vos642coverm

9月15日、新譜 "Path of June" が全国発売となります。

50歳を目前に控えた今年の6月、神戸Big Appleにて行ったソロライブを収録した作品。エフェクト無しのガットギターでの1stセットの演奏を、演奏順もそのままにノーカットで収めています。
最後の一曲を除き、全て完全即興での演奏です。
テーマは「旅」。
これまで辿ってきた、そしてこれからも続くであろう音楽の旅の中で、ひとつのマイルストーン的なアルバムになればと願っています。

ぜひ手にしていただきたい一枚です!

Path of June (品番:VOS 642)2,000円(税別)
6月の小道は連なり丘を越えて、訪れることのなかった地平へと続く

1, cape
2, heath
3, lighthouse
4, bolide
5, hydrangea
6, ruins
7, brook
8, olive
9, cypress
10, lavender
11, fairy
12, squall
13, cathedral
14, station
15, crescent
16, pier
17, path of June
 
total time 46:06

VOS Recordsのすべての作品は、全国のCDショップ、インターネットストア等でご購入いただけます。
流通取扱:BOMBA RECORDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

New CD "Strawberry Express" was released !!!

Strawberryexpresscdm

世界的な造形作家、新宮晋さんプロデュースによる舞台「いちごエクスプレス」にあわせて録音されたCDがリリースされました。
大好きな絵本「いちご」の全19ページそれぞれに作曲した「いちご組曲」、そして新宮晋さん作詞のテーマソング「いちごの星」が収録されています。
41年前に絵本と出会って以来、たくさんの偶然や必然の積み重ねの結果生まれたアルバムです。
新宮晋さん書き下ろしのジャケット、素晴らしい共演者のイマジネーション溢れる演奏も相まって、僕にとっては特別な一枚になったと思っています。
今回の作品はCDショップ等に流通されることはありません。
各ライブ会場、新宮晋さんのミュージアムショップ等での限定発売です。
僕のウェブサイトでもご注文いただけます。
www.takumiseino.com
絵本「いちご」をお持ちの方は、ぜひページを眺めながら聴いてください!
素晴らしい「いちご」の世界に彩りを添えることができたならこれほど嬉しいことはありません。

Strawberry Express(VOS 641) 税込 2,500円
清野拓巳 - acoustic & electric guitar
橋爪亮督 - tenor saxophone
萬恭隆 - bass
池田安友子 - percussion
清水勇博 - drums
MIKIKO - vocal

Produced by 新宮晋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

some tracks from "Last Tree"

 
Now you can hear the first track of each section from new CD "Last Tree"!
 
新譜 "Last Tree" から各セクションの最初の曲を試聴していただけるようになりました。
続きはぜひCDで!

 

Last Tree

Takumi Seino     acoustic & electric guitars

Hugues Vincent     cello

 
価格:2,300円(税別)

品番:VOS 640
 

最後の樹は色褪せることなく、僕たちの記憶にとどまるだろう

それは一枚の写真から始まった、ギターとチェロによる親密で共有感と冒険に満ちた対話

紡がれる音像は国境や空間を超え、インプロヴィゼーションの知られざる地平へと続く

(オビより)

収録曲

Exposed Dialogue

1 exposed dialogue I           3:35

2 exposed dialogue II        2:00

3 exposed dialogue III        2:36

4 exposed dialogue IV        3:23

5 exposed dialogue V         2:19

6 exposed dialogue VI        1:54

7 exposed dialogue VII      4:18

8 exposed dialogue VIII     1:45

9 exposed dialogue IX       4:34

Last Tree

10 last tree I        5:08

11  last tree II      4:02

12 last tree III      7:55

13  last tree IV     3:28

14 last tree V       3:26

15 last tree VI      5:10

Enclosed Dialogue - additional tracks

16 enclosed dialogue I          3:30

17  enclosed dialogue II        1:47

18 enclosed dialogue III        1:53

19  enclosed dialogue IV       1:36

20 enclosed dialogue V        3:48

All music was improvised by Takumi Seino and Hugues Vincent

total time 68:53

新譜"Last Tree"の販売が全国の各CDショップ、オンラインショップ等にて開始されています。
(流通取扱いはBOMBA RECORDS)
www.takumiseino.comからのご注文も可能です。

Amazon
TOWER RECORDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

"Last Tree" In store now!!!

Vos640web

New CD "Last Tree" is released today!!! (12/09/2015)

Last Tree

Takumi Seino     acoustic & electric guitars

Hugues Vincent     cello

 
価格:2,300円(税別)

品番:VOS 640
 

最後の樹は色褪せることなく、僕たちの記憶にとどまるだろう

それは一枚の写真から始まった、ギターとチェロによる親密で共有感と冒険に満ちた対話

紡がれる音像は国境や空間を超え、インプロヴィゼーションの知られざる地平へと続く

(オビより)

収録曲

Exposed Dialogue

1 exposed dialogue I           3:35

2 exposed dialogue II        2:00

3 exposed dialogue III        2:36

4 exposed dialogue IV        3:23

5 exposed dialogue V         2:19

6 exposed dialogue VI        1:54

7 exposed dialogue VII      4:18

8 exposed dialogue VIII     1:45

9 exposed dialogue IX       4:34

Last Tree

10 last tree I        5:08

11  last tree II      4:02

12 last tree III      7:55

13  last tree IV     3:28

14 last tree V       3:26

15 last tree VI      5:10

Enclosed Dialogue - additional tracks

16 enclosed dialogue I          3:30

17  enclosed dialogue II        1:47

18 enclosed dialogue III        1:53

19  enclosed dialogue IV       1:36

20 enclosed dialogue V        3:48

All music was improvised by Takumi Seino and Hugues Vincent

total time 68:53

新譜"Last Tree"の販売が全国の各CDショップ、オンラインショップ等にて開始されています。
(流通取扱いはBOMBA RECORDS)
www.takumiseino.comからのご注文も可能です。

よろしくお願いします!

Amazon
TOWER RECORDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

Behind, or beyond the Last Tree

Vos640web  Lasttreephoto

 今回のアルバム「Last Tree」が生まれるには、ちょっとした経緯がありました。それは音楽的なコンセプトというよりは、多少個人的、心情的なものではありますが、自分への記憶のためにも書いておこうと思います。
 素晴らしいチェロ奏者で即興音楽家であるユーグ・ヴァンサンと出会ったのはもう随分前になります。ユーグはその音楽性と同様に、オープンで優しい、とても魅力的な人間性の持ち主。僕自身は決して社交的な人間ではないのですが、おそらくだからこそ、ある種の人たちとは時間を飛び越えて深く繋がることができる気がしています。ユーグとは最初の頃から、会えばいつもどこか懐かしさを感じるというか、おかしな言い方をすれば幼なじみのような安心感を感じていました。それはもちろん彼のチャーミングな人柄によるところが大きいのですが、僕は瞬く間に深い部分で彼を信頼してしまったのです。
 数年前に彼が来日した際、僕の車で移動していた時のことです。どういう流れだったのか、ふと東日本大震災の話になりました。実は僕の父親の実家は福島県南相馬市の小高区にあります。それは僕の田舎でもあり、小さい頃から毎年夏休みの多くの時間をこの場所で過ごしました。数え切れない美しい想い出と、人間形成上のたくさんの大切なものをもらった、僕にとっては本当に特別な場所です。地震と津波によって、農家だった清野家は壊滅的なダメージを受けました。そして、原発の避難区域内であったことから、清野家は未だに自分たちの土地へ戻ることができずにいます。震災のあと間も無く訪れ目にした田舎の風景は、生涯決して忘れることのできない記憶です。他の多くの人々と同様に、僕も震災から大きな衝撃を受けました。そして自分に何ができるのかを問いながら、答えの見つからない日々だけが過ぎています。また、僕の中で時間が経過するほどに、震災のことを口にすることが精神的に難しくなっています。誰と話しても、どうしても何か違和感を感じてしまうのです。これは僕の身勝手な感傷だということは十分に理解していますが、僕は震災のことを考えるとき、政治的な意見とか、原発反対だとかいうことを客観的に判断することができません。どうしても、大切な記憶がたくさんつまった場所が決定的に損なわれたことへの悲しみが先に立ちます。誤解を恐れずに言うならば、チャリティ活動よりも、お世話になった田舎のおじさんおばさんたちに恩返しをしたいと願います。それはどうすることもできない感情であり、そのことではずいぶんと悩みました。
 ふとしたきっかけから、そんなことをユーグと車中で話しました。僕の不完全な英語ながら、彼は僕の話をそのままに受け止め、深く理解してくれた気がしました。政治の話になることもなく、同情するのでもなく、感情を理解してくれたのです。僕は大きく救われました。
 その後、デュオ・ライブをレコーディングしないかとユーグが提案してくれました。そして、その際に福島の写真を何枚か持って来てくれないかと言うのです。演奏前に2人で同じ写真を眺めて即興演奏すれば、それはひとつのコンセプトとなり得るのではないかと。
 僕たちはいく枚かの写真を眺めました。ごく自然に僕たちは1枚の写真にフォーカスされていった気がします。それは裏庭にたった1本残った木の写真でした。

 こうして1枚の写真からこのアルバムは生まれました。

 思いのほか多くを語ってしまいましたが、そのこととは切り離して、新鮮な気持ちでこのアルバムを聴いていただきたいとも願っています。僕にとっては特別な意味を持つ一枚となりましたが、ひとつの即興演奏の記録として美しい作品が生まれました。自由に想像の翼を広げ、自分だけの「Last Tree」を見つけていただけたなら、無上の喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

"Last Tree" will be released on 19th December

Vos640web

Reservation sales of the new album has been started on each CD shops and website!

Last Tree (VOS640)
Takumi Seino - acoustic & electric guitars
Hugues Vincent - cello

新譜"Last Tree"の予約販売が全国の各CDショップ、オンラインショップ等にて開始されています。(流通取扱いはBOMBA RECORDS)
www.takumiseino.comからのご予約も可能です。
よろしくお願いします!

Amazon
TOWER RECORDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)