« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月22日 (木)

Review from Holland - Path of June




オランダからのレビューが届きました。
時に残酷なまでに厳しいレビューで知られるサイトですが、かなり絶賛していただいています。
素晴らしい!

TAKUMI SEINO - PATH OF JUNE (CD by Voice of Silence)

Here is a new work by Japanese guitarist Takumi Seino, who graduated from the Berkley College of Music in 1996. Over the years – since 2006 - we reviewed many of his releases. All of them came with the recognizable graphic style of his Voice of Silence label. Most of them are solo works, but also duo recordings with Anthoine Berthiaume and Hugues Vincent. The one with Vincent called ‘Last Tree’ was his latest. Later I read about the drama behind the title ‘Last Tree’. His father’s house was wiped away by the tsunami near Fukushima, situated within the radioactive zone. Only a tree in the backyard reminds of former times…. No idea what is the story behind the latest title: ‘Path of June’ as the included information is sparse. It is a solo album of Seino playing nylon strings acoustic guitar. He condensed his ideas in seventeen short pointed improvisations. Very mature and rich music from a very capable player. His music moves somewhere between jazz and classical chamber music. Except for the last track everything is improvised and played as heard, which makes this release even more impressive. Recorded live at Big Apple, a jazz club in Kobe, Japan, where he recorded much of his earlier work. The concluding track, also the title track, was composed. Another fine statement by a musician who consequently follows his own path. Great work! (DM)

Vital Weekly 1158

http://www.vitalweekly.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

November 2018

Img_6209_4
自分にとって音楽は、聴くにしても演奏する場合でも、とても感覚的な部分で受けてとめていて、どれだけ客観的になれているのかはよく分かりません。僕は日常生活においてもそういう部分が多々あって支障をきたすことも少なくないのですが、音楽に関する限り、それでいいと思っています。いわゆるジャンルやスタイルにとらわれることなく、瞬間という意味でももう少し長いスパンにおいても、感覚に忠実に主観的な世界で生きていたい。それだってとても難しいことで、ままならないことばかりです。いや、音楽というある意味超自然的な世界においては、主観客観の区別なんて存在しないのかもしれない。自分が感じ信じるものを追いかけて、しっかりと実現できたなら、そこにはきっと共鳴してくれる他者が存在するはずだと楽観的に信じています。少年の頃、自分の眼に映る小さな世界しか知らなくて、だからこそ無限の可能性に胸が高鳴った、そんな感覚を大切にしていたいのです。

秋ですね。

November 2018

11/6(TUE) 神戸 Born Free 078-441-7796
押谷沙樹 (vocal, piano)
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)

11/8(THU) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
S.S.W.
瀬戸信行 (clarinet)
清野拓巳 (guitar)
ワタンベ (drums) 

11/9(FRI) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
ナガオクミ (vocal)
武井努 (saxophone)
清野拓巳 (guitar)

11/10(SAT) 吹田 JAZZ GOSPEL LIVE festival
@Primavera  20:00~
清野拓巳
(guitar) solo

11/11(SUN) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
"Path of June"発売記念ソロライブ!
Untied Strings
清野拓巳
(acoustic & electric guitars) SOLO

11/14(WED) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
矢野義直 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
松田"GORI"広士 (drums)

11/15(THU) 大阪 CrossRoad  06-6736-8870
DUOPS
清野拓巳 (guitar)
松田"GORI"広士 (drums)

11/16(FRI) 大阪中崎町 CommonCafe 06-6371-1800
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)

11/18(SUN) 大阪 Cafe Make  06-6562-3294
行本清喜 (trumpet, quena)
清野拓巳 (guitar)
関谷友加里 (piano)
三原脩 (contrabass)
Craig Holiday Haynes (drums)

11/19(MON) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
Soulbleed V.S.O.P. feat. クレイグ・ホリディ・ヘインズ from New York
行本清喜 (trumpet, quena)
清野拓巳 (guitar)
祖田修 (piano)
森定道広 (contrabass)
Craig Holiday Haynes (drums)

11/20(TUE) 神戸 Born Free 078-441-7796
「 Trio ~ 異界へ」
satoko (vocal)
須川崇志 (cello, bass)
清野拓巳 (guitar)

11/21(WED) 名古屋 モノコト 070−6411−7531
「 Trio ~ 異界へ」
satoko (vocal)
須川崇志 (cello, bass)
清野拓巳 (guitar)

11/22(THU) 吉良 Intelsat 0563-35-0972
「 Trio ~ 異界へ」
satoko (vocal)
須川崇志 (cello, bass)
清野拓巳 (guitar) 

11/23(FRI) 吹田 LIVE BAR TAKE FIVE Osaka 06-6319-0625
Soulbleed N°7 featuring Ko Shimizu & Rikiya Higashijhara from NANIWA EXP 3rd アルバム・レコーディングライブ2018 !!!
行本清喜 (trumpet, quena)
清水興 (electric bass)
東原力哉 (drums)
祖田修 (synth, key)
古谷光広 (saxophones)
白山貴史 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
guest: Craig Holiday Haynes (drums)

11/28(WED) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
第一部 : 清野拓巳 (guitar) ソロ、磯端伸一 (guitar) ソロ [ + 薬子尚代(p) + みすず(act) ]
第二部 : 清野拓巳 & 磯端伸一 デュオ

11/29(THU) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
PAUSA
山田良夫 (bass)
清野拓巳 (guitar)
岡野正典 (drums)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »