« at Bern | トップページ | at Bern 2 »

2012年4月25日 (水)

Italy

1335284371316.jpg
イタリアでの3日間の演奏を終えて、スイスへと戻る電車にて。
初日はミラノ郊外のLodiという街。
あたたかく迎えてくれる地元の人びとと共にテーブルにつき、とてもおいしい食事とワインをたっぷりと楽しんで、ようやく11時頃から演奏が始まる。
イタリアではどこもだいたいそんな感じだった。
その日は市長夫妻も来られていたようでびっくり。
翌朝街を散歩していると、再び市長夫妻に遭遇し挨拶を。
街中の人が市長さんと知り合い、そんな空気の漂う小さな街なのだと思う。

1335284378290.jpg
翌日は再び電車でMacerataへ。
のはずが、ストライキのために電車がほとんどキャンセルされている。
コンカさんの奔走と幸運もあって、なんとか近辺まではたどり着く。
それでも、最寄り駅までは行けず、オーガナイザーでもあるギタリスト、クリスティーナさんが車で迎えに来てくれた。感謝!
Macerataは丘の上にたたずむ、絵に描いたようにイタリア的な街。
ローマ時代の野外音楽堂を取り巻く、街角からはピノキオが飛び出してきそう。
演奏したのは地元の若者がたくさん集うエネルギッシュなお店。
そのせいか、この日の演奏はいつになくワイルドな方向へ。

1335284387499.jpg
そしてFaenzaへ。
あまり散策することはできなかったけど、とてもスタイリッシュでお洒落な街なのだと思う。
しかし何よりも、お店のオーナーであるモレーナさんの毒舌キャラが強烈だった。
これにはコンカさんもタジタジ。
でも20年以上の付き合いだという2人の間には、強い信頼と愛情が満ちていて、見ていてとても羨ましい。
併設されているレストランは本格的で、ミュージシャンに出される料理も半端ない美味しさ。
こんなに食べて演奏できるのか、というくらい。
1335284400745.jpg
この日も本当にたくさんの人が聴きに来てくれて、いい時間だった。
グラッチェ!

イタリアでは、ゆったりと時間が流れていて、人びとのなかに人生を愉しむ余裕があるように感じた。
もちろん、いろいろな問題もあるのだろうけど、クオリティ・オブ・ライフということを少し考えさせられる。

|

« at Bern | トップページ | at Bern 2 »

Essay」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Italy:

« at Bern | トップページ | at Bern 2 »