« がんばってください | トップページ | Frozen Dust - 本日発売 »

2011年3月14日 (月)

祈っています

私事ですが、少年時代にたくさんの美しい経験と想い出をくれた田舎が、福島県南相馬市の南端にあります。
夏休みごとにその場所で過ごした日々は、僕にとってかけがえのないものであり、人間形成にとても大きな影響を残したと思っています。
今もそこに住む叔父さんのご家族とようやく連絡を取ることができ、全員の無事を確認しました。
本当によかった。
しかし、家は津波によって破壊され、原発の避難区域内でもあり、これから先はどうなるのか見当も付きません。
あの美しい風景はどうなってしまったのか。
今僕にできることは何なのかを考え続けていますが、無力感ばかりが募ります。
こんな時に音楽なんてやっていていいのかと思ったり、こんな時こそと思ったり。
とにかく、日常をしっかりと生きていくしかないのでしょうか。
被災地で一人でも多くの命が助かり、少しでも早く人びとに日常と呼べる日々が戻ることを心から祈っています。

|

« がんばってください | トップページ | Frozen Dust - 本日発売 »

Essay」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈っています:

« がんばってください | トップページ | Frozen Dust - 本日発売 »