« Solo in the driving rain | トップページ | ”Faded Diary" ミュージックマガジン »

2010年5月26日 (水)

蒔絵ピック

Sn3k0027

去年の夏のこと。
石川県の山中温泉へ演奏に行きました。
古びた昔ながらの温泉街。
そのお湯はやわらかで、驚くほど湯冷めのしない、身体の芯まで温まる極上の温泉。
温泉好きの僕にとっては、とても贅沢な遠征でした。
山中温泉で演奏するのは2度目で、たくさんの方々が温泉と同じように温かく迎えてくれました。
そして、心に深く残る出来事がありました。
初めて訪れた時に知り合った、山中で蒔絵職人をされている飯田有二郎さんという方が、美しい蒔絵を施された鼈甲のピックをプレゼントしてくださったのです。
蒔絵の工程については素人ですので詳しくは分かりませんが、金粉、銀粉、貝などを使い、漆で描き上げられたその絵柄は繊細で上品で、まさに芸術作品だと思いました。
そのデザインは僕をイメージしてくださったそうで、松尾芭蕉の館とその上を飛ぶ蝙蝠とのこと。
光栄の至りです。
何よりも飯田さんの心に深く感激しました。
飯田さんは、ご自身もギターを演奏されるそうで、話をしていると純粋に音楽を愛していることが滲み出てきます。
本当にありがとうございました。
もっと早くご紹介したかったのですが、言葉になるのに時間がかかってしまいました。
蒔絵ピックはもったいなくて、あのときライブで一曲演奏して以来使うことが出来ないでいます。

山中温泉では、初めて訪れたときに、皮職人の川上ヨシヒロさんという方からギター・ストラップをプレゼントしていただくというスペシャルな出来事もありました。
そのこともいつか書きたい。
あたたかな山中温泉へ、いつかまたお礼かたがた訪ねたいと願っています。

飯田有二郎 アートピック
http://windfusion.exblog.jp/

川上ヨシヒロ ashulla works
http://ashulla-works.seesaa.net/

|

« Solo in the driving rain | トップページ | ”Faded Diary" ミュージックマガジン »

Essay」カテゴリの記事

コメント

清野さん、こんばんわ!
蒔絵ピックの写真アップして頂きありがとうございます!

ライブ時に僕の描いた蒔絵ピックで1曲演奏してもらった時は「ぐぐっ」ときました。~それもJEFFBECKの次に渡しました。~こちらこそ、おこがましくて!

清野さんのギターの音色「甘くせつなく心に沁み入る感じ」~インスパイヤし、スゴーク感動を覚えデザインは「芭蕉の館にコウモリを」~描いた次第です。

アートピックとして少しづつ評判も出てきました。~もっと精進します。

また、素晴らしいソロギター、NEXTORDERの演奏に巡り会いたいです。
こちらこそ、ありがとうございます。

投稿: OceanBreeze | 2010年5月29日 (土) 01時22分

ありがとうございます!
このピックは本当に大切にしようと思っています。
最近、再び鼈甲ピックを使い出しています。
鼈甲はやはり音が立つというか、トーンのツヤと立体感がぐっとます気がしています。
それでもやっぱり、蒔絵ピックを使うのはもったいなくて勇気が要ります。
がんばって使ってみようかな。

投稿: 清野拓巳 | 2010年5月29日 (土) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒔絵ピック:

« Solo in the driving rain | トップページ | ”Faded Diary" ミュージックマガジン »