« Golden Impressions | トップページ | PORTA CHIUSA at RAG, Kyoto »

2010年5月13日 (木)

Locus

Drops201059

社会性に欠けるところのあった僕が、音楽、ギターにのめり込んでいくことになる大きな理由のひとつが「ひとりで出来る」ということだった。
実際、最初の頃の僕はかなり純粋にそういう姿勢でギターと向き合っていたように思う。
つまり音楽は自分とギターとの関係性の中でのみ成り立ち、完結していた。
今は違う。
誰かのために音楽を創ることの喜びを知り、聴いてくれる人がいて何かを感じてくれるなら、それが次への原動力となる。
エネルギーのフィードバック回路のようなものが生まれた。
そしてキレイな初期エネルギーがあってこそ、音は美しい軌跡を描くことができる。
ライブ・ミュージックにおいては、送り手受け手の区別なんて存在しないのではないだろうか。
先日のDROPS TRIOのライブで、そんなことを強く感じた。

今月も横浜上町63シリーズやります。
ひとり車で往復するので肉体的にはハードなんですが、そんなことよりこの日が近づくと毎回、期待と楽しみな思いが先に立ちます。
今回は深く美しいプレイで敬愛するベーシスト、萬恭隆氏が一緒です。
きっといい音になります。
ぜひお越しください!

5/16(sun) 横浜 上町63 045(662)7322
井上淑彦 (saxophone) 清野拓巳 (guitar) 萬恭隆 (acoustic bass)

5/17(mon) 横浜 上町63 045(662)7322
佐藤浩一 (piano) 清野拓巳 (guitar) 萬恭隆 (acoustic bass)

|

« Golden Impressions | トップページ | PORTA CHIUSA at RAG, Kyoto »

After the gig」カテゴリの記事

Essay」カテゴリの記事

Live Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504769/48352596

この記事へのトラックバック一覧です: Locus:

« Golden Impressions | トップページ | PORTA CHIUSA at RAG, Kyoto »