« Wish | トップページ | The Imaginarium of Doctor Parnassus »

2010年1月22日 (金)

PRIORITY

Prioritycd

もう10年以上も前のこと。
当時、自分の音楽的状況に少なからずの閉塞感を持っていた僕は新しい音に飢えていた。
そんなときに出会ったのが、ベーシスト寺島直樹、そしてドラマー森崇である。
全く異なるバックグラウンドを持つ3人での演奏は、とても微妙で危ういバランスのなかにしか見いだすことの出来ない刹那的な美しさを秘めているように僕は感じた。
いくつかの実験的な演奏を経て、ユニット”PRIORITY"の音楽はアルバム”Light Is Decomposed Into Fragments”へと収束していく。
それはプリズム分解された光の断片、7色のスペクトルと不可視光線である赤外線・紫外線をテーマとした全9曲からなる組曲。
この頃、音と色彩の関係をいつも考え続けていた。
ディレイ・ループに揺れるギターサウンド、執拗に繰り返されるベースライン、サウンド・スケープの拡がりを担うパーカッション、そしてライブではサンプラーを駆使し様々な音像をコラージュ的手法で構築していく。
奥底には僕と森くんに共通するインスピレーション源である、タルコフスキー的世界観がどこかに流れていたのかも知れない。

このユニットの神髄はライブにあったのだと思う。
そしてそこには賞味期限があった。
鮮度が落ちる気配に、PRIORITYは誰が言い出したわけでもなく静かに活動を停止した。

昨年末に、森くんとお互いにソロ・パフォーマーとして共出演する機会に恵まれた。
10年を経た彼の音楽は芯がぶれることなく、しかしその世界は遙かに深まり拡がっていた。
それは僕にとって、新たな出会いであった。
そしてPRIORITYはこの10年間もずっと精神的に継続していたのだということを確認しあう。
次のフェイズへ!

森くんからMySpaceにPRIORITYのページが出来たというお知らせがありました。
ぜひ一度ご覧ください!
http://www.myspace.com/priority11

Light is decomposed into fragments
Red, orange, yellow, green, blue, indigo, and violet
Each fragment has no real color itself
They are only fragments
And then, everything subsides into the depths of time
I can't see anything
Invisible

- Takumi Seino

|

« Wish | トップページ | The Imaginarium of Doctor Parnassus »

Essay」カテゴリの記事

コメント

昨日久し振りに通して聴きました。
良いバンドですね。第二期にも期待しています。

投稿: ふじわら | 2010年1月27日 (水) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PRIORITY:

« Wish | トップページ | The Imaginarium of Doctor Parnassus »