« February 2009 | トップページ | Words of Forest »

2009年2月 9日 (月)

Pale moon

吉村織絵 (vocal) 清野拓巳 (guitar) 島田篤 (piano)

昨日のライブは、織絵さんがある小説を朗読し、僕と島田さんが即興で音楽を奏でるという試み。
ステージ前面から客席にかけて白い薄布を幾重にも垂らし、織絵さんが録りためた静かな映像を投影する。
とても面白く、発見のあるステージだった。

僕自身の演奏は、少し近視眼的になりすぎたかもしれない。
どこまでもすっと届く音を出したい。
白い月の光のように。

今回初めてNew guitar(アコースティック・バリトン)を弾いてみた。
かなりの可能性を感じる。
ますます楽しみ。

そして家にたどり着いたときに目にした光景。
どうでもいいことかも知れないけれど。

|

« February 2009 | トップページ | Words of Forest »

After the gig」カテゴリの記事

コメント

淡い映像と浸透する朗読。
不思議なライブでした。
構成上バランス良く感じ取るのがなかなか難しいと思うのですが、視点をずらすコツを掴むと、何とも穏やかな世界が浮かびました。
良いトリオです。もし次回があれば、満干きが三位一体になる様子をもっともっと味わえそうな気がします。楽しみです。
バリトンの音色。素晴らしかった。可能性の塊ですね。深い。。

投稿: ふじわら | 2009年2月 9日 (月) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pale moon:

« February 2009 | トップページ | Words of Forest »