« Icy Rain | トップページ | February 2009 »

2009年1月30日 (金)

New Guitar

今日新しい楽器を入手しました。
ドイツのハンドメイドギター、STEVNES Custom Guitarsのバリトンギター。
出会ってしまったというしかありません。
チューニングを含めまだ未知数なところはありますが、強力なサウンドです。
弾いていて、ただただ楽しい日々がしばらく続きそうです。
この性格は死ぬまで変わりそうにありませんが、今はこのギターのことで頭がいっぱいです。
後先を考えずに手に入れました。

そううちどこかのライブに登場すると思います。
お楽しみに!

|

« Icy Rain | トップページ | February 2009 »

Essay」カテゴリの記事

コメント

面白そうですねえ!!
弦長はどれくらいなんでしょう?胴体も大きいのですか?
チューニングも何種類かあるみたいですね。

今までスティール弦のギターの音を落として使われたことがありましたが、普通のギターで音を落とすと弦がゆるゆるになるのですが、バリトンギターは元々チューニングが低いので弦が緩まないそうですね。初めてなので検索でちょっと知識を仕入れました。今度見るのが楽しみです!

投稿: tico | 2009年1月30日 (金) 17時31分

弦長は普通のスティール弦ギターより77mmほど長いようです。
ボディーも少し大きいです。
全体に大きいので、一見普通のギターに見えますが、抱えてみると大きさを実感します。
バリトンギターはチューニングの定義なんかはないようで、今はいろいろなゲージの弦を張って試行錯誤中です。
今までにない低音の響きはかなり気持ちいいです。
ただ、押さえた音と実音が異なるので、今はまだかなり精神分裂的に混乱します。
それに低音域は音が濁りやすくて、コントロールするにはとても繊細さが必要な気がします。
だからこそチャレンジングで、楽しいんですけど。
この楽器を弾いてみてあらためて、普通のギターのチューニングはよく考えられているなと再認識しました。
これしかないという感じの音域と配列ですね。
ギターは深いです。

投稿: 清野拓巳 | 2009年1月30日 (金) 18時00分

おおっ!!わかる人にはわかるバリトンギターじゃないですか!!

ライブでの登場を楽しみにしています。

あの曲やあの曲が聴きたいですね(笑)

いよいよアルバム製作への礎が出来上がりましたか??もう、頭の中はイメージで一杯です!!

投稿: ふじわら | 2009年1月30日 (金) 20時38分

かなりいい感じです。
あの曲やあの曲をやりますよ!
このギターのための曲もできそう。
新たなインスピレーションが刺激されます。

投稿: 清野拓巳 | 2009年1月30日 (金) 20時44分

>ただ、押さえた音と実音が異なるので、今はまだかなり精神分裂的に混乱します。

あーー!ちょっと分かります!
最近はC管のコカリナ(笛の名前)に私が合わせているF管のアルトリコーダー、頭がクラクラしながら、一生懸命楽譜に書き直してなんとか演奏しています。

それを即興で演奏しようとすると、確かにこんがらがりますね。

むか~~し、レキントギター(普通のギターより小さくて音が3フレットから上)を弾いた時、もうお手上げでした。

がんばってください!!!
清野さんなら大丈夫です!!!

投稿: tico | 2009年1月30日 (金) 22時06分

>77mmほど長いようです。

少しイメージできました。
ごく普通のギターで650mmなんですよね。
プラス77mmというと727mm。

650mmより640mmで、かなり押さえやすくなります。女性用はそれくらい。一昔前の標準は660mmでした。これは現在の標準の650mmからすると少ししんどいギターです。この1cm(10mm)で押さえやすいだの押さえにくいだの言ってる世界で、バリトンギターは700mmを越えてることになりますね。すごく大きいと思います。

普通のギターの押さえ方はチェロと同じくらいなんですが、それから考えるとやっぱりベースに似た楽器なんでしょうね。

どんなギターなんでしょうねえ。すごく楽しみになってきました。(^_^)b

投稿: tico | 2009年2月 1日 (日) 01時19分

>ticoさん

むむむっそんなに難しいのか。。感覚的にベースを想像していた。。右腿に乗せてもナットは相当遠いかな??
多分6弦がBになるチューニングがデフォルトで普通のギターのテンションに一番近いんですよね??6→BEADGB??それだと7弦ギターの1弦抜きと同じか。。?そんな使い方は意味が無いのかな??
たしかに変則にするとゲシュタルト崩壊を起こしそうですよね(笑)特に普通のギターから持ち替えたときは危険!!
ということは普通のギターより4フレット多くなるのかなぁ??頭で考えても解らないや。。

Linda Manzer製作のバリトンギターの音は某CDで耳にタコができるくらい聴いていますけど(笑)
早く現物を聴きたいですね!!

投稿: ふじわら | 2009年2月 1日 (日) 02時17分

>ふじわらさん
>普通のギターより4フレット多くなるのかなぁ??

画像を拡大してフレット数を数えましたですゾ!
フレットは同じ数なので、一つのフレットの幅が広いのです。だからベースと似ていると言うのです。だから、押さえられないんですよ。

楽しみですねえ。
3月のソロは行けるのか…。その前にバリトンギターを持って来られるのか…。3月は忙しすぎです。どう体力を保つかです。(--;)

投稿: tico | 2009年2月 1日 (日) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New Guitar:

« Icy Rain | トップページ | February 2009 »