« Wise selection | トップページ | SOLO at Common Cafe »

2008年11月26日 (水)

Fellowship

和歌山Jalan Jalanにて、ライブ・レコーディング。
素晴らしい2日間だった。
エンジニアを務めてくれたボスコ・ミュージックの森崇くんとは、
共にPriorityとしてのアルバムを制作、活動して以来の再会。
彼のサウンド・センスへの信頼感は、僕にとって大きな精神的支柱となった。
橋爪さん、浜村さん、萬くん、そしてもちろん青柳夫妻を含めたこの日のメンバー。
日々それぞれのフィールドで自己探求する旧友が古巣へと戻ったような、
不思議な安心感のようなものを感じたのは僕だけだろうか。
少し青い言い方をすれば、仲間意識のようなものなのかもしれない。
今回のレコーディングという共同作業が残すことになる結果そのものよりも、
(もちろん、それもとても楽しみにしているし、きっといいものができると信じている)
共に過ごしたこの時間こそが、これからの僕にとって大きな意味をもつ気がしている。
ありがとう。

そして、BIG APPLE, Jalan Jalanでのライブへ来てくださった、
素晴らしいお客さんのひとりひとりに深く感謝します。

|

« Wise selection | トップページ | SOLO at Common Cafe »

After the gig」カテゴリの記事

コメント

作品の完成を心待ちにしています。和歌山に行けない私にとっては、それが全てですので。。
全力で蘇生させてみせます。

録音にエンジニアを迎えると聞いた時、少し不安が芽生えたのですが、森さんだと知り大きな期待に変わりました。理由は言わずもがなです。

ビックアップルでの演奏から想像するに、とてつもなく良い作品になると確信しています。

近未来に楽しみがあると、日々の生活に張りがうまれます。(笑)ありがたいことです。

投稿: ふじわら | 2008年11月26日 (水) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fellowship:

« Wise selection | トップページ | SOLO at Common Cafe »