« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

May 2008

すっかり暖かくなってきましたが、ゴールデンウィークの計画は万全でしょうか?
僕は、今月も一歩ずつ新たな挑戦をしていきたいと思っています。

May 2008

5/3(sat) 堺 ハーベストの丘(詳細不明)
房原忠弘 (trumpet) CD " Silent In Smile " 発売記念LIVE

5/3(sat) 高槻 ジャズストリート
Nouer
清野拓巳 (guitar) 津嘉山梢 (piano keyboard)
大嶺泰史(electric bass) 松田"GORI"広士 (drums)
20:00 - 20:45 / スターバックス店内会場

5/4(sun) 高槻 ジャズストリート
NEXT ORDER
武藤祐志 (guitar) 清野拓巳 (guitar)
石垣篤友 (electric bass) 松田"GORI"広士 (drums)
18:00 - 18:45 / オーロラシティ高槻西武1F正面入口
22:00 - 22:45 / Duke Bar

5/5(mon) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
Untied Strings
清野拓巳 (acoustic & electric guitars) SOLO

5/6(tue) 大阪城天守閣前広場(詳細不明)
房原忠弘 (trumpet) CD " Silent In Smile " 発売記念LIVE


5/8(thu) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
Words of Forest
森本太郎 (drums) 武井努 (saxophone)
清野拓巳 (guitar) 三原脩 (acoustic bass)

5/11(sun) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
NEXT ORDER
武藤祐志 (guitar) 清野拓巳 (guitar)
石垣篤友 (electric bass) 松田"GORI"広士 (drums)

5/12(mon) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
RYOSUKE HASHIZUME GROUP
TOUR 2008 "AS WE BREATHE"
橋爪亮督 (Tenor Sax, Loops) 市野元彦 (Guitar, Effects)
織原良次 (Fretless Bass) 橋本学 (Drums) 浜村昌子 (piano)
guest: 清野拓巳 (guitar)

5/13(tue) 京都 Candy  075-531-2148
清野拓巳 (guitar) 萬恭隆 (acoustic bass) 松田"GORI"広士 (drums)

5/17(sat) 姫路 LAYLA 0792-24-9469
Nouer
清野拓巳 (guitar) 津嘉山梢 (piano keyboard)
大嶺泰史(electric bass) 松田"GORI"広士 (drums)

5/18(sun) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
清野拓巳 (guitar) 島田篤 (piano) DUO

5/20(tue) 帝塚山 RUG TIME 06-6621-6616
清野拓巳 (guitar) 工藤隆 (piano) DUO

5/23(fri) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
Nouer
清野拓巳 (guitar) 津嘉山梢 (piano keyboard)
大嶺泰史(electric bass) 松田"GORI"広士 (drums)

5/24(sat) 姫路 LAYLA 0792-24-9469
Another Freedom Jazz Spirits
荒崎英一郎 (tenor sax) 清野 拓巳 (guitar)
佐藤由行 (piano) 中嶋 明彦 (acoustic bass) 岡野 正典 (drums)

5/27(tue) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
荒崎英一郎 (tenor sax) BIG BAND

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

Dark Shape / Ripple

Darkshapecd_2Ripplecd

 関西在住のギタリスト清野拓巳の二枚のソロ・ライヴ。一枚は照明を消したクラブの暗闇のなか、もう一枚は絵も描く清野の展覧会でのライヴ。一方が収束、一方が拡散運動という風にとらえることもできるが、ガラリと世界が変わるわけではない。画家がひとつのモチーフを出発点として、様々な世界を映し出していくように、これらの演奏もイメージのヴァリエーションといえるかもしれない。それにしてもこれほど音をイメージとして親しんでいる演奏家は滅多にいないと思う。だからこそ、その場の状況に意味をもたせることができる。イメージが細密なのは、むろん、清野が、この世界の微妙な秘密に触れようとするからだが、『波紋』のイメージを逸脱してダイナミックに動いていく様や、どこまでも動こうとしない『ダークシェイプ』でも、いい言葉が見つからないが、健全な即興演奏家の姿勢を感じる。それにしてもそれぞれの音の造形は素晴らしい。ミニマル音楽としてもこれほど自然な世界はない。(青木和富)ー CDジャーナル3月号、今月の推薦盤

Dark Shape
 コンサート会場の照明を落とし、奏者・聴衆ともに闇の中でギターの響きに耳を集中する。既成の音楽受容のかたちを生理的に突き動かした鮮烈なコンサートの記録。さらりと歌の機微を縫うとみせて、発せられた音に反応し、わずかによぎる響きの惑乱に切れ込む。ー CDジャーナル試聴記コメント

Ripple
 吹き抜けログハウスという空間と響き交わすギター・サウンド。内向きに研ぎ澄まされた『ダーク・シェイプ』とは対照的に、響きを放ってその音の場に身を浸し、電気的に音を変調させエフェクトを仕掛けて、その大気のフトコロのうごめきと図りあう。耳が澄む。ー CDジャーナル試聴記コメント

この二枚のCDは沈黙の音楽である。それは不可聴という意味ではなく、しかし静かで、ピースフルな音楽であり、時として中世的な響きですらある。(Frans de Waard) - VITAL WEEKLY(オランダ)

Dark Shape - このアルバムでの清野は、豊かで温かいサウンドでさまざまなムードを伝えてくる。ごく自然に旋律的であり、即興演奏であるとは信じがたい。
- Sunomu(イギリス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

おおさかの街

Photo

今月発売(4/15)の「おおさかの街」という雑誌に、僕へのインタビュー記事が掲載されています。
昨年のBIG APPLEでのソロ・ライブの模様もレビューされています。
ご興味のある方はぜひご一読ください。
旭屋書店等で入手できるようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

NEXT ORDER in NAGOYA

Dsc07367

くろぶち、REVIBEのメンバーのみなさんと。
どちらのバンドも素晴らしいサウンドでした。
楽しい一夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

DROPS TRIO

今夜、神戸ビックアップルにて、DROPS TRIOのライブがあります。
是非お越しください!!

4/20(sun) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
DROPS TRIO
清野拓巳 (guitar) 三原脩(acoustic bass) 松田"GORI"広士 (drums)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

Gone in the air

080411_164401

千葉県稲毛にあるCandyというジャス喫茶と出会う。
個性の光るサックス・プレイヤー、かみむら泰一さんとの即興セッション。
関東の地理に疎い僕は、珍しく現地に一時間以上早く着いてしまった。
お店に一歩入ると、そこは雑然としながらも清潔感のある、まさに音楽のためにある空間。
純粋に音楽を愛する人たちが集う空気が、まぎれもなく漂っている。
それは、温かく迎えてくれたママの、開放的でイノセントな人柄によるところが大きいのだろう。
ママが次々とかけるレコードが、JBLの大きなスピーカーから心地よく流れる。
誰も必要以上に話さない。
おいしいコーヒーを飲みながら、濃密な音と空気に包まれて、幸せな一時間を過ごすことができた。

ママが一枚のレコードをかける。
エリック・ドルフィーの”LAST DATE”
随分長い間聴いていなかった。
その昔、訳も分からずこのレコードからギターで音を拾っていた頃の記憶がよみがえる。
レコードの最後に収録されている、エリック・ドルフィーの言葉が深く胸に突き刺さる。

When you hear music, after it's over, it's gone in the air, you can never capture it again.
- Eric Dolphy

| | コメント (1) | トラックバック (0)

East

080410_162201

関東での二日間のライブが終了しました。
初日は赤坂Bbでの杉山泰さんのグループ。
今回はグレック・リーさん、平川象士さん、フランシス・マヤさんに加えてストリングス・カルテットも入った豪華メンバーでの演奏。
杉山さんの美しいストリングス・アレンジが印象に残るいいライブでした。

二日目は千葉のキャンディという素敵なお店。
サックスかみむら泰一さん、ピアノ鈴木俊祐さんとの即興セッションによる、濃い一夜。

両日ともたくさんのお客さんに来ていただけて、幸せでした。
こうしていつもと違うメンバー、場所で演奏できることは次へつながるエネルギーになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

EXPO JAZZ FESTIVAL 2008

080406_085601
吹田市民の誇り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A Man Holding the Apple

BIG APPLEでのソロ・ライブ、楽しかった!
それこそ文字通りの意味で。
場所、お客さん、演奏者という要素のどれが欠けても、いいライブ・ミュージックは成立しないということを再確認できたライブだった。
近藤さん、誕生日おめでとう!
これからもBIG APPLEをしっかり支えていってください。

それぞれの人たちがそれぞれに色々なことを考え、一生懸命に生きている。
自分だけが特別なんてことは何もない。
本当の意味で他人の身になって考えることなんてできないのかも知れない。
だからこそ、誰かの考えや人生に触れることは、僕にとって大きなエネルギーになる。
来てくださったみなさんに心からの感謝を。

ビックアップルでの次回のソロは、5/5です。

080405_231101
写真嫌いの近藤氏、ミラクル・ショット

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

BIG APPLE

080120_235601

神戸異人館のはずれ、トアロードを登っていくとちいさな林檎の看板が見える。
僕にはなくてはならない活動の拠点となっていいるBIG APPLE。
半地下にあるこのお店は、風変わりなマスターと風変わりな人々の集まる(失礼)ちょっとした異空間である。
決して小綺麗とは言えない店内では、それそれの人たちがそれぞれの流儀で音楽に身を浸す。
それでいて、そこにはBIG APPLEでしか有り得ない空気が漂い、とても深い時間の共有感覚がある。
不思議な場所。
商品価値のある完成品としての音楽ではなく、リアルタイムに生まれ出る荒削りで生々しい音楽がこの場所には似合う。
関西の、いや日本のクリエイティブな音楽シーンを底辺で支える希有な空間だと本気で思う。
そしてこの場所をひとりで支える近藤マスター。
近藤さんほど純粋に音楽を愛する人を僕はあまり知らない。
それは彼独自の純粋さであり、おそらくその純粋さ故にさまざまな事物と上手く折り合いをつけられない人間のひとりである。
僕はとても深く共感を覚える。

近藤さんの作るお酒は、妙に濃い。
サービスなのか、策略なのか?
それともBIG APPLEという空間の特殊な時間軸に酔わされているのだろうか。

そんな近藤さんの誕生日、4/5(土)にソロライブをします。
音楽で、ささやかに花を添えることができればと思っています。
BIG APPLEにどっぷりな人も、未体験な方々もこの機会にぜひお越しください!
BIG APPLEは誰に対してもオープンな空間です。

4/5(sat) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
Untied Strings - BIG APPLE 近藤哲正 Birthday Special !
清野拓巳 (acoustic & electric guitars) SOLO

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年4月 2日 (水)

April 2008

車を走らせていると、そこかしこで桜が花を咲かせています。
この時期になると、桜の木が思った以上にたくさんあることに驚く。
それにしても、桜の花はどうしてこんなにも感情に訴えかけてくるのだろう。
四季のある国に生まれてよかった。

April 2008

4/4(fri) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
平井将人 (guitar) 清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (acoustic bass) 森本太郎 (drums)

4/5(sat) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
Untied Strings - BIG APPLE 近藤哲正 Birthday Special !
清野拓巳 (acoustic & electric guitars) SOLO

4/6(sun) 大阪万博公園 エキスポ・ジャズ・フェスティバル
お祭り広場(太陽の塔前)
荒崎英一郎 (tenor sax) BIG BAND

4/10(thu) 東京赤坂 B flat
Yasu Sugiyama (Pf), 清野拓巳 (guitar), グレッグリー(B), 平川象士 (drums)
featuring フランシス マヤ(Vo)
with Strings Quartet; 菊間竜太朗 (Vl) 吉田篤貴 (Vl) 高木真悠子 (Vla) 篠崎央彡 (Vlc)

4/11(fri) 千葉稲毛 Candy 043-246-7726
かみむら泰一 (tenor sax) 清野拓巳 (guitar)
guest: 鈴木俊祐 (piano)

4/15(tue) 帝塚山 RUG TIME 06-6621-6616
清野拓巳 (guitar) 工藤隆 (piano) DUO

4/17(thu) 名古屋 Sunny Side
NEXT ORDER
武藤祐志 (guitar) 清野拓巳 (guitar)
石垣篤友 (electric bass) 松田"GORI"広士 (drums)

4/18(fri) 三重 Gulliver
NEXT ORDER
武藤祐志 (guitar) 清野拓巳 (guitar)
石垣篤友 (electric bass) 松田"GORI"広士 (drums)

4/20(sun) 神戸 BIG APPLE  078-251-7049
DROPS TRIO
清野拓巳 (guitar) 三原脩(acoustic bass) 松田"GORI"広士 (drums)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »