2019年1月 3日 (木)

January 2019

Takumid_1

2019
年が明けて、平成最後となる正月を迎えました。
だからというわけではないのですが、これからの5年、10年という期間は、自分にとってのまた新たなフェイズにシフトしたいという思いが湧き上がり、今改めてスタートラインに立っているような気持ちでいます。
変化を恐れることなく、未知の地平を目指して一歩ずつの挑戦を続けて行きたい。
そしてそれを見守ってくれる人がいることに幸せを感じています。
今年もよろしくお願いします!

January 2019

1/4(FRI) 大阪 Mr.Kelly's 06-6342-5821
Soulbleed featuring Ko Shimizu & Rikiya Higashihara from NANIWA EXP
行本清喜 (trumpet, quena)
清水興 (electric bass)
東原力哉 (drums)
祖田修 (synth, key)
古谷光広 (saxophones)
清野拓巳 (guitar)

1/9(WED) 京都 Candy 075-531-2148
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)

1/10(THU) 吹田 LIVE BAR TAKE FIVE Osaka 06-6319-0625
satoko (vocal)
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
池田安友子 (percussion)

1/11(FRI) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
satoko (vocal)
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
池田安友子 (percussion)

1/12(SAT) 吹田 LIVE BAR TAKE FIVE Osaka 06-6319-0625
KHAMSHIN
古谷光広 (saxophones)
清野拓巳 (guitar)
柳原由佳 (piano)
白石宣政 (bass)
松田"GORI"広士 (drums)

1/14(MON) 京都 Cafe Felice 050-3695-1667
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar) 

1/16(WED) 大阪中崎町 CommonCafe 06-6371-1800
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)

1/17(THU) 大阪本町 燈門 06-4708-8844
Nea (guitar)
清野拓巳 (guitar)

1/20(SUN) 大阪 Flamingo the Arusha 06-6567-4949
MAB (vocal)
山口マリ(saxophones)
清野拓巳 (guitar)
牧知惠子 (piano)
嶌田憲二 (contrabass)
高橋延吉 (drums)
guest: 桑名晴子
 (vocal)
 

1/23(WED) 下北沢 apollo 
satoko (vocal)
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
須川崇志 (contrabass, cello)

1/24(THU) 東京 なってるハウス 03-3847-2113
satoko (vocal)
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
須川崇志 (contrabass, cello) 

1/25(FRI) 成城 Cafe Beulmans 03-3484-0047
清野拓巳 (guitar) SOLO

1/26(SAT) 鎌倉DAPHNE 0467-24-5169
"Trio~異界へ" 
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)
須川崇志 (contrabass, cello)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

Review from Poland - Path of June

Takumi SEINO: Path of June / 2018 /

Cape; Heath; Lighthouse; Bolide; Hydrangea; Ruins; Brook; Olive; Cypress; Lavender; Fairy; Squall; Cathedral; Station; Crescent; Pier; Path of June.

With Japan, we received the new album a brilliant guitarist and musical innovator, Takumi Seino. Like previous albums artist album "Path of June" was released in a specific Graphically by his own music label, Voice Of Silence. Associating with Japanese music virtuoso of extraordinary imagination and ability to create the climate in each case we are dealing with works of remarkable and escaping any definitions or comparisons. Featuring stunning guitar technique, despite its extremely wide range of activities including achievements in a variety of compositions and configurations, he developed a unique personal musical language.
The album "Path of June" is the material almost entirely improvised, recorded solo on acoustic guitar. Traditionally, the place of the session was the legendary jazz club the Big Apple, with which the artist is associated for many years.
Short, compact songs, each of which creates a captivating atmosphere of a thumbnail, create an intimate atmosphere intimate, provocative imagination. Takumi Seino using acoustic instrument sound paints images like an inspired painter. The individual motifs into one another, forming a kind of single suites, iridescent multiple sound colors.
The artist has managed to maintain an appropriate balance between exposing his extraordinary guitar technique, and climate creations, making music filling the "Path of June" is clear and communicative, even for me osłuchanego recipient.
It's hard to believe that almost all of the material is the result of improvisation (except for the ending composition album title). Guitar impressions and motifs appearing on the album sublime form a set of miniatures, with a specific character and compact. We find in them echoes of classical compositions for guitar by Heitor Villa-Lobos and George Philippe Tellemanna. Takumi Seino shares with us his musical fascinations, serving music filtered by their own perception of the sound space.
Beautiful, full of charming climate album "Path of June" is another in the "Book of Apple" (2014) album recorded by a Japanese virtuoso solo. This time, however Takumi Seino shows his classic face. "Path of June" is a beautiful, graceful and charming motifs iridescent plate full of music for guitar sensitive to the beauty of the recipient.
The album was released September 15, 2018.

Robert Ratajczak

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

December 2018

Img_5679_2

 

早くも今年を締めくくる月になりました。

時間は加速度を増して過ぎ去っていきますが、音楽の旅はまだまだ続きます。

思い描く音に近づけた気がしても、新たな発見の方がたくさんあって、何かを追いかけている姿勢が変わることはありません。

幸せなことだと信じるしかないですね。

December 2018

12/1(SAT) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
伊藤俊平 (guitar)
清野拓巳 (guitar) 
 
12/7(FRI) 名古屋 Mr.Kenny's 052-881-1555
石垣篤友 Session
中村友美 (saxophones)
清野拓巳 (guitar)
高畠宏明 (piano)
石垣篤友 (bass)
片桐伸和 (drums) 

12/8(SAT) 横浜 上町63 045-662-7322
林栄一 (alto saxophone)
森重靖宗 (cello)
清野拓巳 (guitar)
 
12/9(SUN) 横浜 上町63 045-662-7322
Frozen Dust Duo
市野元彦 (guitar)
清野拓巳 (guitar) 
 
12/13(THU) 大阪本町 燈門 06-4708-8844
シオン (vocal)
清野拓巳 (guitar) 
 
12/19(WED) 大阪中崎町 CommonCafe 06-6371-1800
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)
清水勇博 (drums) 
 
12/23(SUN) 吹田 LIVE BAR TAKE FIVE Osaka 06-6319-0625
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)
清水勇博 (drums) 
 
2/24(MON) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)
清水勇博 (drums) 
 
12/25(TUE) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
PORTA CHIUSA Japan Tour 2018
PORTA CHIUSA
Paed Conca (clarinet)
Hans Koch    (clarinet)
Michael Thieke    (clarinet)
with
磯端伸一 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
 
12/26(WED) 大阪 Studio T-bone 06-6568-4227
PORTA CHIUSA Japan Tour 2018
PORTA CHIUSA
Paed Conca (clarinet)
Hans Koch (clarinet)
Michael Thieke (clarinet)
with
有本羅人 (trumpet, bass clarinet)
清野拓巳 (guitar) 
 
12/30(SUN) 名古屋 Armadillo 052-771-2600
B's Connection
石垣篤友 (bass)
清野拓巳 (guitar)
Miguel Arroyo (guitar)
則武諒 (drums)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

Review from Holland - Path of June




オランダからのレビューが届きました。
時に残酷なまでに厳しいレビューで知られるサイトですが、かなり絶賛していただいています。
素晴らしい!

TAKUMI SEINO - PATH OF JUNE (CD by Voice of Silence)

Here is a new work by Japanese guitarist Takumi Seino, who graduated from the Berkley College of Music in 1996. Over the years – since 2006 - we reviewed many of his releases. All of them came with the recognizable graphic style of his Voice of Silence label. Most of them are solo works, but also duo recordings with Anthoine Berthiaume and Hugues Vincent. The one with Vincent called ‘Last Tree’ was his latest. Later I read about the drama behind the title ‘Last Tree’. His father’s house was wiped away by the tsunami near Fukushima, situated within the radioactive zone. Only a tree in the backyard reminds of former times…. No idea what is the story behind the latest title: ‘Path of June’ as the included information is sparse. It is a solo album of Seino playing nylon strings acoustic guitar. He condensed his ideas in seventeen short pointed improvisations. Very mature and rich music from a very capable player. His music moves somewhere between jazz and classical chamber music. Except for the last track everything is improvised and played as heard, which makes this release even more impressive. Recorded live at Big Apple, a jazz club in Kobe, Japan, where he recorded much of his earlier work. The concluding track, also the title track, was composed. Another fine statement by a musician who consequently follows his own path. Great work! (DM)

Vital Weekly 1158

http://www.vitalweekly.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

November 2018

Img_6209_4
自分にとって音楽は、聴くにしても演奏する場合でも、とても感覚的な部分で受けてとめていて、どれだけ客観的になれているのかはよく分かりません。僕は日常生活においてもそういう部分が多々あって支障をきたすことも少なくないのですが、音楽に関する限り、それでいいと思っています。いわゆるジャンルやスタイルにとらわれることなく、瞬間という意味でももう少し長いスパンにおいても、感覚に忠実に主観的な世界で生きていたい。それだってとても難しいことで、ままならないことばかりです。いや、音楽というある意味超自然的な世界においては、主観客観の区別なんて存在しないのかもしれない。自分が感じ信じるものを追いかけて、しっかりと実現できたなら、そこにはきっと共鳴してくれる他者が存在するはずだと楽観的に信じています。少年の頃、自分の眼に映る小さな世界しか知らなくて、だからこそ無限の可能性に胸が高鳴った、そんな感覚を大切にしていたいのです。

秋ですね。

November 2018

11/6(TUE) 神戸 Born Free 078-441-7796
押谷沙樹 (vocal, piano)
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)

11/8(THU) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
S.S.W.
瀬戸信行 (clarinet)
清野拓巳 (guitar)
ワタンベ (drums) 

11/9(FRI) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
ナガオクミ (vocal)
武井努 (saxophone)
清野拓巳 (guitar)

11/10(SAT) 吹田 JAZZ GOSPEL LIVE festival
@Primavera  20:00~
清野拓巳
(guitar) solo

11/11(SUN) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
"Path of June"発売記念ソロライブ!
Untied Strings
清野拓巳
(acoustic & electric guitars) SOLO

11/14(WED) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
矢野義直 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
松田"GORI"広士 (drums)

11/15(THU) 大阪 CrossRoad  06-6736-8870
DUOPS
清野拓巳 (guitar)
松田"GORI"広士 (drums)

11/16(FRI) 大阪中崎町 CommonCafe 06-6371-1800
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)

11/18(SUN) 大阪 Cafe Make  06-6562-3294
行本清喜 (trumpet, quena)
清野拓巳 (guitar)
関谷友加里 (piano)
三原脩 (contrabass)
Craig Holiday Haynes (drums)

11/19(MON) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
Soulbleed V.S.O.P. feat. クレイグ・ホリディ・ヘインズ from New York
行本清喜 (trumpet, quena)
清野拓巳 (guitar)
祖田修 (piano)
森定道広 (contrabass)
Craig Holiday Haynes (drums)

11/20(TUE) 神戸 Born Free 078-441-7796
「 Trio ~ 異界へ」
satoko (vocal)
須川崇志 (cello, bass)
清野拓巳 (guitar)

11/21(WED) 名古屋 モノコト 070−6411−7531
「 Trio ~ 異界へ」
satoko (vocal)
須川崇志 (cello, bass)
清野拓巳 (guitar)

11/22(THU) 吉良 Intelsat 0563-35-0972
「 Trio ~ 異界へ」
satoko (vocal)
須川崇志 (cello, bass)
清野拓巳 (guitar) 

11/23(FRI) 吹田 LIVE BAR TAKE FIVE Osaka 06-6319-0625
Soulbleed N°7 featuring Ko Shimizu & Rikiya Higashijhara from NANIWA EXP 3rd アルバム・レコーディングライブ2018 !!!
行本清喜 (trumpet, quena)
清水興 (electric bass)
東原力哉 (drums)
祖田修 (synth, key)
古谷光広 (saxophones)
白山貴史 (guitar)
清野拓巳 (guitar)
guest: Craig Holiday Haynes (drums)

11/28(WED) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
第一部 : 清野拓巳 (guitar) ソロ、磯端伸一 (guitar) ソロ [ + 薬子尚代(p) + みすず(act) ]
第二部 : 清野拓巳 & 磯端伸一 デュオ

11/29(THU) 神戸 BIG APPLE 078-251-7049
PAUSA
山田良夫 (bass)
清野拓巳 (guitar)
岡野正典 (drums)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

Review from Poland - Path of June

Vos642covers

ポーランドのウェブサイトに新譜 "Path of June" のレビューが出ています。
とてもいい内容だと思います。
ぜひ聴いて頂きたい一枚です!

Straight from Japan came to me the brilliant new album guitarist and musical innovator, Takumi Seino . Like previous albums artist album "Path of June" was released in a specific Graphically by his own music label, Voice Of Silence. Associating with Japanese music virtuoso of extraordinary imagination and ability to create the climate in each case we are dealing with works of remarkable and escaping any definitions. Featuring stunning guitar technique, despite its extremely wide range of activities including achievements in a variety of compositions and configurations, he developed a unique personal musical language. New album from an artist forever associated with the iconic Big Apple jazz club, the material almost entirely improvised, recorded solo.

http://longplay.blox.pl


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

AVANT MUSIC in JAPAN

51hmf04xwol_sx338_bo1204203200_

先日発売された音楽ライター小島智さんの書籍「アヴァン・ミュージック・イン・ジャパン」にて、僕のCD ”Flower Flows" が紹介されています。
日本の規格外音楽ディスクガイドという定義で「選りすぐりの100枚とその関連作品を各2枚追加した、計300タイトルを紹介!アウトサイダーたちが創出してきた異次元の記録。」というものです。
萬恭隆、ラリー・マーシャルとのトリオ『Flower Flows』、関連作品としてNEXT ORDERの『LIVE INTENSIFIED』、DROPS TRIOの『Mood For Red』を取り上げていただいています。
 
インターネット等により宇宙的な規模で増大し続ける情報と反比例して、ひとつひとつの情報は画一的で奥行きのないものになってしまったなと日々感じています。
音楽なんて本来、極めて個人的嗜好が強いものなはずで、できれば他の誰も知らないような自分だけの音楽を見つけ出すことに大きな喜びがあると思っているのですが、今の膨大な情報量の中で何かを「発見」し「出会う」ことはとても難しい。
小島智さんというフィルターを通して、ある意味(いい意味で)かなり偏ったディスクガイドであるこの本は、今の時代、非常に貴重な一冊だと思います。
そんな中に選んでいただけたことをとても光栄に嬉しく感じています。 

ただ、惜しむらくは、この本の中での僕の名前の漢字が間違っています。
とても嬉しい記事内容だっただけに、ものすごく残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 2018

Img_6091_3

10月がやってくるとレイ・ブラッドベリを思い出す。
なんでもない日常の狭間にこそ、ある人にとっては時間を超越した驚異の世界が広がっている。
それは狂気かも知れないし、限りのない愛情に満ちたものかも知れない。
表裏一体。
でもそれらに気づくことができるかどうかで、人生の豊かさが確実に違って見える。
空白の季節のような10月に、そんなことを考えています。
久しぶりにレイ・ブラッドベリ、読み返してみようかな。

October 2018

10/4(THU) 大阪中崎町 CommonCafe 06-6371-1800
清野拓巳 (guitar)
萬恭隆 (contrabass)
 
10/5(FRI) 姫路 LAYLA 0792-24-9469
井崎能和 (drums)
清野拓巳 (guitar)
 
10/6(SAT) 大阪 音凪 音食堂酒場 06-6353-8515
瀬戸信行 (clarinet)
清野拓巳 (guitar)
Minori (dance)
 

10/8(MON) 吉良 Intelsat 0563-35-0972
清水行人 (guitar)
清野拓巳 (guitar)

10/10(WED) 札幌 JERICHO  
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)

10/11(THU) 札幌 くう 111-218-1656
清野拓巳 (guitar) solo

10/12(FRI) 北広島 黒い森美術館
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)

10/13(SAT) 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)

10/14(SUN) 札幌 JAMUSICA 011-612-1900
satoko (vocal)
清野拓巳 (guitar)

10/17(WED) 京都 Bonds Rosary  075-285-2859
Soulbleed 4 featuring
Ko Shimizu & Rikiya Higashihara from NANIWA EXP
行本清喜 (trumpet, quena)
清水興 (electric bass)
東原力哉 (drums)
清野拓巳 (guitar)

10/18(THU) 吹田 LIVE BAR TAKE FIVE Osaka 06-6319-0625
金山剛士 (guitar)
清野拓巳 (guitar)

10/21(SUN) 姫路 三木美術館 079-284-8413
Museum Concert
清野拓巳 (guitar) solo

10/23(TUE) 大阪 chef-d'oeuvre 06-6533-0770
Lan Cao + Gregor Siedl (using sensors, motors, lights, modular synthesizer, objects, body movements and midi algorithm..)
磯端伸一 (guitar) + 清野拓巳 (guitar)
 
10/24(WED) 大阪本町 燈門 06-4708-8844
"Path of June" 発売記念ライブ!
清野拓巳 (guitar) solo
 
10/28(SUN) 倉敷 Penny Lane 086-421-3987
PAUSA
ヤマダヨシオ (bass)
清野拓巳 (guitar)
浜野徳治郎 (percussion)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

"Path of June" is released today!

Vos642coverm
 
本日発売日です。ぜひ!
 
Path of June (品番:VOS 642)2,000円(税別)
6月の小道は連なり丘を越えて、訪れることのなかった地平へと続く
 
1, cape
2, heath
3, lighthouse
4, bolide
5, hydrangea
6, ruins
7, brook
8, olive
9, cypress
10, lavender
11, fairy
12, squall
13, cathedral
14, station
15, crescent
16, pier
17, path of June
 
total time 46:06

VOS Recordsのすべての作品は、全国のCDショップ、インターネットストア等でご購入いただけます。
流通取扱:BOMBA RECORDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

Path of June

Vos642coverm

9月15日、新譜 "Path of June" が全国発売となります。

50歳を目前に控えた今年の6月、神戸Big Appleにて行ったソロライブを収録した作品。エフェクト無しのガットギターでの1stセットの演奏を、演奏順もそのままにノーカットで収めています。
最後の一曲を除き、全て完全即興での演奏です。
テーマは「旅」。
これまで辿ってきた、そしてこれからも続くであろう音楽の旅の中で、ひとつのマイルストーン的なアルバムになればと願っています。

ぜひ手にしていただきたい一枚です!

Path of June (品番:VOS 642)2,000円(税別)
6月の小道は連なり丘を越えて、訪れることのなかった地平へと続く

1, cape
2, heath
3, lighthouse
4, bolide
5, hydrangea
6, ruins
7, brook
8, olive
9, cypress
10, lavender
11, fairy
12, squall
13, cathedral
14, station
15, crescent
16, pier
17, path of June
 
total time 46:06

VOS Recordsのすべての作品は、全国のCDショップ、インターネットストア等でご購入いただけます。
流通取扱:BOMBA RECORDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«September 2018